Loading

エイジング塗装

経年劣化を塗装で再現

作った時代背景のテーマや雰囲気にひと手間くわえる

インダストリアル・ミッドセンチュリー・オールドアメリカン・ヨーロピアンアンティーク
などの今流行りの様々なスタイルに、家具や建具も同じように合わせる塗装技術です。
あと「ひと手間」の作業で格段に雰囲気を出すことが可能。それがエイジング塗装。

ロゴ入りエイジング塗装を

新しいドアにあえて古く見せる塗装をすることで全体の雰囲気を統一させることができます。全体をモルタル造形でエイジングしてありますのでドアもエイジング塗装をしてあわせてあります。なおかつお客様が使用するテーブルも。

新築に小窓にエイジング塗装を

新築の雰囲気に合わせドア枠や小窓にもエイジング塗装を施工

階段にブラス塗装後エイジング塗装を

ニューヨークの裏路地のあやしげなお店をイメージ。真鍮のような階段を塗装で表現しました。

装飾アイテムにもエイジング塗装を

小物や役物など、小さなアイテムでもひと手間加えれば主役を引き立てる脇役に代わる。

こだわる「ひと手間」を忘れない

エイジング塗装はモルタル造形にとっては名脇役になります。場合によってはエイジング塗装が主役になり、脇役がモルタル造形になるときもあります。ひと昔前は「なんでわざわざ汚くするんだ」などと疑問を持つお声の数々を頂きましたが、いまでは新築やリフォームにテーマを定めて作る工務店さんが多くなり、その家に合わせるためにエイジング塗装は必要不可欠な存在です。雰囲気を大事にしましょう。

エイジング塗装のおおよその施工金額

下地調整  ¥ ㎡450~(ケレン・場合によりプライマー等)

一層目塗装 ¥ ㎡650(下階層)

二層目塗装 ¥ ㎡2000(上階層)

三層目塗装 ¥ ㎡1200(上階層)

保護クリヤー¥ ㎡800~
        ※外部・内部により金額は異なります。

個体(イス・棚等に関しましては一式計算となります。)