桜塗装です^ ^

(2014年9月施工内容)

今回は傷んだ玄関を超リアルに美術塗装しました^ ^

まずはじめにとても悔しいことがあります。施工前の写真がありません。。。(;´Д`A

施工内容を詳しく言いますと、犬のかじった跡やら、10年前に塗装屋さんがチョコレート色で単調に塗った状態でした。

頑張って言葉で説明します。

まずはじめに、既存の状態をケレン。

次に白色を塗布。紙で言えば画用紙状態にします。 
ベースの色を決めたらまず全体的に塗布。

その後ワントーン下げて部分的に塗布。

目地を作成。

最後に濃い茶色のような反対色で汚していき、最後にウレタンクリアーを2回塗布して終了です。

  
 
見分けがつかないですね

  
予算の問題もあり、実は犬がかじった場所はガムテープで補修(笑)

しかしどうでしょう^ ^

どこにガムテープが使われているかわかります??

答えは下にある引き戸の上の側面部の木部は全てガムテープです^ ^

美術塗装をする事で、新しくも出来るし古くも出来ます^ ^

時代設定が容易にこなせるのも美術塗装の特徴です^ ^

基本的には古く見せる塗装法はエイジング塗装、新しく見せる塗装法は復元塗装、総称したのが美術塗装です^ ^